疲れたときこそ「運動する」べし

運動って、元気が有り余っているときにするイメージありません?
エネルギーがあるときに運動して消費する。
時間を作ってジムいったり、走ったり、ストレッチしたり。

しかし!
疲れているときこそ運動するのが、体ケアになるなって
最近気づきましたね。

ただし「疲れ」は頭・神経の疲れのときです。
ぐったりしてへとへとだけど、体は疲れてない。
そういう時のほうが、体も重ダルいんですよねー

こういうときは、走ったり、ジムみたいな激しい運動はしなくていいです。
むしろ、ヨガとかちょっとした「伸び」、ヨガともいえないような「動き」
くらいのを少しやる。

驚くほどすっきりします。
写真みたいに、後ろで手を組んでちょっと肩甲骨を寄せる。これだけ。
この10秒足らずの動きで、体が伸びてコリがほぐれて、
元気になります!

疲れたときこそ、ちょっとだけ動く。そのほうが疲れがとれる、逆説の健康法です。

  ★体験レッスン受付中です。

楽しく、きもちよく、体を変えていきましょう!


ヨガ体験レッスンのご案内

開催地:埼玉県朝霞市
●金曜日 コース 20時~
・1/7 ・1/21
・2/4 ・2/25
・3/4 ・3/18
●土曜日 コース 15時~
・1/8 ・1/22 
・2/5 ・2/19
・3/12 ・3/26
●日曜日コース 15時~
・1/9 ・1/23 
・2/6 ・2/27
・3/6 ・3/27

お申込み・お問い合わせはこちらまで

 

 

関連記事

  1. ヨガでよく使われる「今ここ」という言葉について考察してみた

  2. 1年間の閉じこもり生活の弊害が出てきている

  3. 年をとったらダメなのか

  4. 「自分を大事に」ってまずはココから

  5. 【今日のひとこと】よく見えないから不安になる

  6. 居心地のよい「もうひとつの場所」がヨガ教室

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。