姿勢ひとつで「味わう感情」は変えられる

2020年最後の日。
いいこともあったし、そうでもないこともあった。
「いやあ、素晴らしい1年だった」って実は毎年思わない私ってネガティブ?

でもね、今年最後の日に、気がついたことがあります。
いい気分になれるかは、自分が決める。
そして、自分でそれは作ることができるのです。
こういう言葉は、しょっちゅう聞くしなんとなく頭では理解してた。

嫌なことがあったとき。たとえば、周りで不機嫌な人がいて八つ当たりされたとか
傷つくような言葉を投げかけられた時。
「傷つくかどうか、その感情は自分で選べるのです」
と言うような教えね。

確かにその通りです。どういう感情でいるかは自分で選べる。
でも、なかなか実際はそう思えませんよね。
「なんで八つ当たりするの! ひどい」
ストレスを感じて、しかもそのストレスを反芻する。
で、もっと気分悪くなり、エンドレスループ…

感情は自分で選べるけど、欲しい感情をそのまま味わうのが難しいんですよね。
考えれば考えるほど、深みにはまるし。

一番簡単かつ効果的なのは、体をきもちいい感情を感じる状態に仕向けることです。
味わいたくない感情って、ネガティブだったりダウンしてるもの。
そういうときって、ネガティブな感情になりやすい体になっています。
胸が詰まって、猫背で、息苦しい姿勢。
猫背で気が詰まった姿勢で、楽しいことは考えられません。

姿勢ひとつで感情は変えられます。

胸を張ればよいのです。

 

 

 

 

 

 

後ろで手を組んで、肩甲骨を寄せます。自然に胸が開きます。
気分が詰まってる人は、10回も繰り返せば、自然にすっきりしてきます。

全然違いませんか?
胸がひらいて、呼吸が深い状態ではネガティブな感情は生まれにくいし
自然とほほが上がってくる。

味わう感情は自分で選べるんです。
えらびたい感情になる体になるよう、少し動かしてみるだけで。

  ★体験レッスン受付中です。

楽しく、きもちよく、体を変えていきましょう!


ヨガ体験レッスンのご案内

開催地:埼玉県朝霞市
●金曜日 コース 20時~
・2/12 ・2/26
・3/5 ・3/19
●土曜日 コース 15時~
・1/16 ・1/30
・2/13 ・2/27
・3/13 ・3/27
●日曜日コース 15時~
・1/17 ・1/31
・2/7 ・2/21
・3/7 ・3/21 

お申込み・お問い合わせはこちらまで

 

関連記事

  1. 「自分を大事に」ってまずはココから

  2. ヨガ界の瀬戸内寂聴になる!

  3. タイでヨガとハーブまみれになってきました

  4. 肩が上がってる人の特徴

  5. 日光消毒は人間にも必要だ

  6. 3行日記で読み取る「わたしサイクル」

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。