自分を大事にするなら、まず便秘なおせ

こんな相談を受けました。

「絶望しかない」

穏やかじゃないですね。
何に絶望しているのでしょうか?
聞いてみると、

44歳なのに独身で彼氏ができない。この年齢だから自分の価値が下がった。
ひとりぼっちの誕生日でお風呂で涙が出て来た。

たしかに、自分ひとりで頭のなかが堂々巡りしていると、不幸って思っちゃったりする。
でも、彼女が絶望する要素って客観的にはないんですよ。

だって、仕事があってお家があって、ご両親は健在で。
年に4回も海外旅行して、ブランドもののバッグやコートを着れるお金をもっている。
どこが、いったいどこが不幸なんだ!?

むしろ恵まれていると私は言いました。幸せだよ。不幸なわけがないと。
けれど、彼女のなかでは独身で彼氏ができないこと、
去年生まれて初めてできた彼に振られてしまったこと、40代半ばになっていることが不幸なのです。

そして太っていること(他人からみたら太っているレベルではない。でも二重あごは目立つ)
肌がきれいじゃないこと(肌荒れは確かにしていた)も自分の価値を下げているという。
「私もう、カウンセリング行くレベルだよね」
と彼女は言ってました。カウンセリングで話を聞いてもらえば、たしかにすっきりはするでしょう。

でも、それより先にすることがあるんです。

自己肯定感を上げる方法。
それは、便秘を解消すること。

彼女はがんこな便秘なのです。
でも、便秘を重要視してない。出ないのが普通だから。
そこじゃないのかなあ。
自分の体をないがしろにしてるのって、実はそこはかとなく周りは感じるんだ。
いくらキレイに化粧してても、おしゃれしてても、
便秘を放置してたり、食べるものを適当してるのって、その人から発する雰囲気に出る。

便秘って、みんな軽くみているけど、
自己肯定がどうのこうの、ってそれって便秘が一番の原因なんじゃないのかと思うのです。
食べて、消化して、排便する。
体のいちばん基本の正常な機能がとどこおってるってことだから、
ようは、ごみを捨てられずに、おなかのなかでゴミ箱いっぱいになったまま、
捨てに行ってないってことしょ。
あと、排便ってやっぱり気持ちいい。
便秘してるときって気分よくないし、四六時中不快な状態でいるのって、表情も何気にくもってるよー

うんちは汚いものって認識なのに、それを体にため込んでいるのは平気なの??

便秘を解消したら、やせて肌もキレイになるから、彼氏ができる近道になるとか
そういう単純なことではなく。

自分を大事するって、自分のからだを大事にしていくってことだから。
だって、からだってひとつしかない一番大事なものじゃないですか。

それを大事にできてないって、モテから遠ざかる。
モテどころか、幸せから遠ざかる行為。

便秘を解消しようと思ったら、
食べるものだって気を付けるし、運動だってするし、体をあたためるし、
ちょっとずついろんな「からだにいいこと」を始めますよね。

そうしたら、少しずつ自分の体を大事にしてる認識になって
排便できるようになったら、毎日気分もよくなって、
ついでに肌もキレイになって、機嫌だってよくなるよね。

絶望なんてワード、出てこなくなる。

なんかうまくいってないな、ってとき、まずは便秘してないか、
思い出してみてください。

  ★体験レッスン受付中です。

楽しく、きもちよく、体を変えていきましょう!


ヨガ体験レッスンのご案内

開催地:埼玉県朝霞市
●金曜日 コース 20時~
・9/20  ・10/4 ・10/18
 ・11/15 ・11/29
●土曜日 コース 15時~
・9/14(体験のみ 13時30分)
・9/29 
・10/12(体験のみ 13時30分~) ・10/5 ・10/19  
・11/9 ・11/23
●日曜日 コース 15時~
・9/28 
・10/6 ・10/27 
・11/10 ・11/24

お申込み・お問い合わせはこちらまで

 

 

関連記事

  1. 「こだわりのない」白湯を飲んでおります

  2. 瞑想しません

  3. 子どもがいないってことに、やっぱり劣等感を感じてました

  4. 機嫌がよくないときはもしかして●●かも

  5. ヨガでよく使われる「今ここ」という言葉について考察してみた

  6. 節目のときは、掃除してみる

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。