年をとったらダメなのか

私はよく人の話を盗み聞きします。
電車内とか食べ物屋さん、書店とかで。
近くの人が話しているのをついつい聞いてしまいます。
「盗み聞きじゃないの、聞こえてくるの」なんて言い訳はしません。
人の会話って、世情を反映しているのですよ。リアルです。

そうそう、周りでこんな会話が聞こえてきました。
「男の人は年をとっても結婚できるけど、女性は無理ですよね」
言ってるのは女性。
うなずいてるのは男性。どっちも50代後半くらい。

え? なんですと??
そうなの?

男は、じゃなくて「性格のとてもいい男は」「マメな男は」「お金のある男は」
じゃないの?
ひとくくりに男だから、ってことはないだろう。
女性に対して失礼に聞こえるけど、加齢は男も同じでしょう。
だって、年取ってもモテてる男のほうが圧倒的に少ないんだから。

価値観は、世代による違いもあるのだろうけど、
久しぶりに聞きましたね、こういった類の会話。

女性も男性も若ければいいというものではない。というのは当たり前ですが
女性も男性も、若い方がいい、も、また事実なり。
生物として若さはメリットそのものだから。
先日、自分の10年前の写真をみて若かったなあと思った。
肌がピンとしてました。つやもある。
確実に変化していました。10年だもんなあ…
私は自分が実年齢より若く見られることを喜んでいたのですが、
やっぱり年はとっているのですよ。ちょっとショック受けましたね。

でも、じゃあ10年前とかもっと前、20代に戻りたいかと言われると
お断りです。
今の方が自己主張もできるようになったし、
昔できなかったことができるようになっているのを感じるのです。
あなたもそうじゃないですか?
たとえば仕事場で。昔は絶対無理無理ってなってたこと、
いまは普通にできますよね。経験値があがっているから、知ってることは怖くない。視野がわずかばかり広がって、20代の頃より自由になっています。

さて、50歳になったとき、一体何を思うのかな?

  ★体験レッスン受付中です。

楽しく、きもちよく、体を変えていきましょう!


ヨガ体験レッスンのご案内

開催地:埼玉県朝霞市
●金曜日 コース 20時~
・3/12 ・3/26
・4/9 ・4/23
●土曜日 コース 15時~
・2/13 ・2/27
・3/13 ・3/27
・4/10 ・4/24
●日曜日コース 15時~
・2/7 ・2/21
・3/7 ・3/21 
・4/4 ・4/18

お申込み・お問い合わせはこちらまで

 

 

関連記事

  1. 食生活の「ハレ」と「ケ」

  2. 「見えないけど、いる」

  3. 肩が上がってる人の特徴

  4. 姿勢ひとつで「味わう感情」は変えられる

  5. 難しいハードなポーズなんて、やる必要なし

  6. インドで気づいた「心地よく毎日を過ごす」秘訣

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。