「教室がお休みにならないで良かったです」

1月2日、年明けすぐに、また気持ちが乱されるようなニュースを見た。
首都圏にふたたび緊急事態宣言が出される。
テレビでニュースを見た瞬間、狼狽しました。家の中をうろうろ歩き回ってました。
私一個人が叫んでも出るものは出るのだ。

そして1月8日、首都圏に2度目の緊急事態宣言が発令しました。
夜8時以降の外出は自粛せよということで、夜はレッスン会場が使えなくなりました。

「また4月5月のときのようになってしまうのか」

前は完全にクローズでしたし、コロナも緊急事態宣言も何もかもが
未知との遭遇だったので、不安だったし混乱もしました。
生徒さんの離脱もかなりあり、ダメージが大きかった1年でした。

でも、6月から戻ってきてくれた方がたくさんいらっしゃり、
新たに加わってくれた方もおり、改めて「仕事とは何か」「人とのつながり」
「体を動かすことがどれだけ心身に健康をもたらすか」
「目の前の人が喜んでくれる幸せ」を実感できる1年でもありました。

1月8日から2度目の緊急事態宣言に入ることが決定し、
前日に夜間のレッスンはお休みするけど、昼間はできるので、レッスン継続や
振替について生徒さん方へメールを送りました。

もちろんお仕事の内容や家族の事情でお休みや自粛を選ぶ方も
いるのですが(それは当たり前の選択です。)
継続してくれる方が多かったのが、ほんとうにありがたい。

「こんなときだからこそヨガをしたい」
「ストレスが溜まっているので体を動かしたい」
「いつも通り通って体調維持に努めます」
「できることなら続けていきたい」
「体調や感染予防に気を付けながら参加します」
「レッスンがお休みにならなくてよかったです」

こんなお返事をいただいて、感謝しかないです。
私は、一般的なヨガ教室はぜんぜん違う指導をしています。
ヨガの先生からみたら、ヨガじゃないし、
実際に「アーサナを極めていくのがヨガ講師じゃないの?
講師ならそういうレッスンじゃいけないと思う」と言われたこともあります。

でも、ヨガポーズを極めることだけがヨガじゃない。
今回、みんなが戻ってきてくれたり続けてくれるのは
体を動かしたら体調がよくなる、不調解消のためのポイントを指導するレッスン内容
もあると思うのですが、
きっと、レッスン仲間と会ったり、私と話したり、
家や職場とは違う環境を持つ、ということもある

昨年のコロナに翻弄された1年を通じて、私が痛感したのは
「体を動かせば解決する」
この真実。

とくに家に閉じこもっていると、ほんとに歩かないですから。
1日100歩しか歩いてない人もいると思います。
これじゃ、どんどん体調が悪くなる。コロナでなくても心身が健全でなくなる。

目の前の方が喜んでくれる時間を提供する。
一緒に乗り越えていける生徒さんに囲まれている幸せをかみしめています。

ありがとうございます。

  ★体験レッスン受付中です。

楽しく、きもちよく、体を変えていきましょう!


ヨガ体験レッスンのご案内

開催地:埼玉県朝霞市
●金曜日 コース 20時~
・10/29
・11/12 ・11/26
・9/17
●土曜日 コース 15時~
・10/9 ・10/23 ※体験のみ10/30
・11/13 ・11/27
・12/4 ・12/18
●日曜日コース 15時~
・10/17 ・10/31 ※体験のみ10/24
・11/7 ・11/21
・12/12 ・12/26

お申込み・お問い合わせはこちらまで

 

関連記事

  1. 運動をするのが面倒くさい…ですよね

  2. 便秘の人にありがちな思想「トイレの後回し=自分の後回し」

  3. 瞑想しません

  4. 「見えないけど、いる」

  5. 人生の仕舞い支度に入っている…?

  6. 「年下の彼氏ができました!」

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。