眠りが浅いのは「動いていないから」

寝つきが悪い、眠りが浅い理由は単純

生徒さんの悩みに結構あるのが
「眠れない」です。

寝つきが浅い、夜目が覚めちゃう、朝早く起きてしまう
いろいろパターンはあります。

眠れないと、頭はぼーっとしているし、
能率は悪い、肌の調子も当然悪いし、生理痛の原因になるし太るし、
いいことはひとっつもない。

よく聞いていくと、眠れないって方には共通点があるんですよね。
それって、

体を動かしていない

この1点につきます。
疲れ切ったら、いつの間にか寝ているでしょう?
歩きまくった日とか、何か作業した日、大掃除とかなんでもいいから動いたひって、
眠い。というか、寝ちゃうもんですよ。

そうはいっても座り仕事で動けないって場合

肉体労働でもなければ、そんなに動けないものですよね。

オフィスでパソコンに向かっているとか、そういう仕事だと
あまり歩けないし、通勤くらいしかないもんね。
たしかに眠くないです。どっちかっていうと、頭がパツパツでギンギンですよね。

だとしたら、おうちに帰宅してきてから、
首をぐるっとまわして、↓の写真のように、後ろで手を組んで、グイっと肩甲骨を寄せてみてください。

10回くらい繰り返してみる。

 

 

 

 

肩甲骨ががくっとはずれて、頭パンパンモードから体モードにシフトします。
体を動かして体モードにはいれば、いきなり眠くなるもの。
眠れない夜、頭ギンギンでかえって来た夜にお試しを!

  ★体験レッスン受付中です。

楽しく、きもちよく、体を変えていきましょう!


ヨガ体験レッスンのご案内

開催地:埼玉県朝霞市
●金曜日 コース 20時~
・1/6 ・1/20
・2/3 ・2/17
・3/10 ・3/31
●土曜日 コース 15時~
・1/7 ・1/28
・2/11 ・2/25
・3/11 ・3/25
●日曜日コース 15時~
・1/8 ・1/22
・2/5 ・2/19
・3/5 ・3/26

お申込み・お問い合わせはこちらまで

 

関連記事

  1. ヨガはポーズを追求するもの?

  2. 瞑想しません

  3. ヨガでは「頑張らなくてもいい」

  4. 姿勢ひとつで「味わう感情」は変えられる

  5. 自己肯定感を高めるたった一つの方法

  6. ヨガでよく使われる「今ここ」という言葉について考察してみた

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。