4回目の母の命日に

命日は特別な日ではない

昨日は母の4回目の命日でした。
今年は覚えていましたが、思い出したのは妹や叔母(母の妹)から
連絡があったから。

そうでなければ、今年もごく普通の一日として過ぎて行ったでしょう。
去年も命日を忘れて、夫に言われて思い出したくらいです。

命日は私にとって特別な日ではありません。
母が亡くなったのは2016年。まだ4年しかたっていないので、忘れ去るという程には
日にちがたっていません。

毎年思うのは、母は子どもたちがめそめそ泣くよりも健康で幸せに生きて
くれるほうを喜ぶはずだと。
いつまでも泣かれるのは嫌がる。絶対に。
確信できるのは、母が生前こう言っていたからです。

それは、母が末期がんでもう半年ももたないと宣告されてからです。
誰もが死ぬし、いつか親は死んでいくと頭ではわかっていても、
どこかで自分の親は死なないと思ってしまうところがあって、
母の死が現実となってからは怖くてたまりませんでした。

恐怖と寂しさとで母の前で泣いてしまったら、こういわれました。

「泣くんじゃない。私は自分のことだけど、泣かない」

その言葉を聞いたとき、また涙が出てきました。でも堪えた。
私は何も返せませんでした。

本当は母本人が一番怖かったはず。抗がん剤の副作用もあり日々体調が悪化し、
昨日できたことができなくなっていく。悔しかっただろうし怖かったと思う。
でも、子どもの前では最後まで強い母親であろうとしていた。

だから、命日に悲しむことは望んでいないんです。
笑って家族で楽しく食卓を囲むことを望んでいるはず。

来年の命日、またうっかりするかもしれませんが、
お花を飾り、笑って過ごします。それこそが一番の供養です。

  ★体験レッスン受付中です。

楽しく、きもちよく、体を変えていきましょう!


ヨガ体験レッスンのご案内

開催地:埼玉県朝霞市
●金曜日 コース 20時~
・3/12 ・3/26
・4/9 ・4/23
●土曜日 コース 15時~
・2/13 ・2/27
・3/13 ・3/27
・4/10 ・4/24
●日曜日コース 15時~
・2/7 ・2/21
・3/7 ・3/21 
・4/4 ・4/18

お申込み・お問い合わせはこちらまで

 

関連記事

  1. 節目のときは、掃除してみる

  2. 「見えないけど、いる」

  3. 「お母さんみたいになりたくない」って言ってた頃

  4. ”体が変わる。未来が変わる”。12月までにどうなりたい?

  5. 自己肯定感を高めるたった一つの方法

  6. 難しいハードなポーズなんて、やる必要なし

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。