亡き母の誕生日にバラの花を

今日は母の誕生日です。
亡くなってから5回目のこの日がめぐってきました。

母の誕生日には、深紅のバラを飾る、そんな日になっています。
バラは母が好きな花でした。

でも、それを知ったのは亡くなったあと。
死後数日たってからひょっこり出てきたノートに
「お葬式はバラを飾って讃美歌を流してください」と書いてあったんです。
ノートを書いた頃にはすでに文字を書く力もなく、看護師さんの口述筆記ではありました。
このほかにも家族への感謝の言葉がひとりずつあったんです。

お葬式についてはなぜか後ろのほうに書いてあったので、誰も気づきませんでした。
ノート発見からさらに時間が過ぎたころ、偶然見つけた父が急に「あっ」と声を出して涙を流したのです。
すでに仏式のお葬式が済んでしまっており、家族全員が悔やんだのは言うまでもなく。
そんなさりげないことをしないで、はっきり伝えてくれたらいいのに。
もしかしたら、ページが飛んで見つけにくくなっていたのも、あえて、だったように今は思います。
本人はやっぱり「死にたくない」から、お葬式のことを口にしたくなかったのではないかな。

私は母がバラが好きだなんて、全く知らなかった。
讃美歌は一体どこから出てきた話だったのか。
そのときは理由を突き詰めることはしませんでした。

でも、昨日気になって叔母に「お母さんがバラとか讃美歌好きだったって知ってた?」
とメールしてみました。

叔母によると、讃美歌は札幌の実家の近くに教会があり、親しみがあったと。
バラは昔から好きだったそうです。
加藤登紀子の「百万本のバラ」という歌が好きだったらしく、
「お父さん、お母さんにバラの花束を贈ってたでしょ」
とまったく知らないエピソードすら出てきました。

私にとって、母は母親であり、ひとりの人間としては見ていなかった。
誰でにもいくつもの顔があって、その中のひとつにバラ好きの女性もいた。
40代の半ばをすぎて、ようやく気付けたこと。

きっとほかにも知らない顔がたくさんあったと思います。
もしかしたら、また何かひょっこり出てきて、新たに母と出会うことがあるかもしれない。
薔薇の花を見ながら、そんなことを考えています。

  ★体験レッスン受付中です。

楽しく、きもちよく、体を変えていきましょう!


ヨガ体験レッスンのご案内

開催地:埼玉県朝霞市
●金曜日 コース 20時~
・10/29
・11/12 ・11/26
・9/17
●土曜日 コース 15時~
・10/9 ・10/23 ※体験のみ10/30
・11/13 ・11/27
・12/4 ・12/18
●日曜日コース 15時~
・10/17 ・10/31 ※体験のみ10/24
・11/7 ・11/21
・12/12 ・12/26

お申込み・お問い合わせはこちらまで

 

関連記事

  1. 日光消毒は人間にも必要だ

  2. ちょっとだけ「日常から”逃げる”」

  3. 40歳を過ぎたらガクッと来る

  4. コロナが落ち着いたら…って、それはいつ?

  5. ジェンダーレスを肌で感じた「子どもサッカー」

  6. いずれ「こうなる」こと

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。