生理時の肛門痛。どうやって防ぐ?

生理のとき、お尻の奥が鈍痛に襲われる。
これ、肛門痛っていいます。

経験ある人、少なからずいるみたい。

わたしもそうなのですが、子宮内膜症があると
出る症状です。
あれはもう、ほんとに…クオリティオブライフが下がる。

所かまわず襲ってきますからね。
実はわたしは今日生理中なのですが、
ちょっと痛みがありました。
ひどいときほどじゃないんだけど、痛いとブルーになるわ。。。

私の場合、なぜか寝ている間に起こることが多く、
痛みで目が覚めるんです。
そして痛みにもがきながら、お尻を手でおさえてあたためて
どうにかやりすごすことが多い。

今日はトイレで痛くなったんですよね。
これも、肛門痛の方にとってはよくあるパターンではないでしょうか。
排便時に痛い。
どうしても排便時って、いきみがあるから
力が入っちゃうのかな?
トイレで座ってるからどうにかやり過ごせるけれど、
そうじゃなければ、しゃがみ込むでしょうね。

25歳で子宮内膜症になってから、もう17年。
だいたいどんなときに痛くなるかわかってきてます。

一番の原因は冷え。
体やおなかが冷えた時。
冬より、夏場のほうが肛門痛ありますね。
冷房ですよね。

次がお酒。これも体冷やしてるんだろうな。

あとは、疲れストレス。
うん、ストレスたまってるときって、手が冷たくなってる。

ということは、結局すべては「冷え」から来てるってことですね。

冷えないように腹巻したりとか甘酒飲んでみたり
してますが、一番いいのは体を動かすことなんですよ。
これ、もう長年の経験から言えます。

結局、血流が滞ると体って冷たくなる。
だから、動かせば血が流れるという単純な話。

さて、動かすっていって走るとかなんかすごいエクササイズするって
思うと、ただでさえお尻痛いのに、きついでしょ?

私が毎日やって冷え対策してる足指ヨガ、
やってみませんか?

2分くらいかな?それ以下でできるかも。
足指って体の端っこだから、真っ先に血が廻らなくなります。
ここを温めると、ぽわんとあたたまる。
足指があたたまると気持ちもぽわんとするから不思議。

あなたの(←これ自分に言ってるの)そのイライラやストレス、気持ちのざわざわは
血流が悪くて冷えてるからかもしれないですよ。
血の巡り悪くて、体調が悪いときって、
どうしたって優しい気持ちになんてなれないもの。

では、これが冷え対策足指ヨガ!

 

(1)床に座って両足を伸ばす。
足指をぎゅっとにぎる

 

(2)握った指をパーッとひらく。

※これを5回繰り返す。

足指の血の巡りをまずよくする。
足って体の土台ですし、続けるとだんだん冷えがよくなる感覚があります。

それに、これを知ってると、足が冷えてるなとかんじたとき、
肛門痛がでたとき、
「あ、足指ヨガやろう」って自分で対策できる。

痛みに対して、手札をもってると安心できますよ!

  ★体験レッスン受付中です。

楽しく、きもちよく、体を変えていきましょう!


ヨガ体験レッスンのご案内

開催地:埼玉県朝霞市 ●金曜日 夜コース 19時45分~
・5/11 ・5/25 ・6/8 ・6/22
●土曜日 コース 13時30分~、15時~
・5/12 ・5/26 ・6/9 ・6/23
●日曜日 コース 13時30分~
・5/13 ・5/27 ・6/10 ・6/24

お申込み・お問い合わせはこちらまで

 

関連記事

  1. 子宮内膜症の「肛門痛」に悩んでいるあなたへ

  2. 基礎体温計って進化してる!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。