居心地のよい「もうひとつの場所」がヨガ教室

ヨガ教室はヨガをするだけの場所ではない

ヨガ教室は、なにをする場所だと思いますか?
ヨガ教室には、何のために通っていますか?

なんとアホな質問かと思ったでしょうか。
ヨガするために決まってる!と。

ヨガ教室アルンは、ヨガだけをするための場所ではないです。
居心地のよい、もうひとつのおうち、「サードプレイス」です。

職場でもなく、家庭でもなく、スポーツクラブでもなく、ヨガスタジオでもない。
そこに集まっているのは、家族でも同僚でも友人でも、師匠と弟子でもない関係。

ヨガのことだけ話して、シーンともくもくとレッスンする、静かな環境ではありません。
毎回みんなに出来事や体調を聞いています。
するとね、いろんな話が出てくるのです。

腕が痛いとか花粉症とかそういうことだけでなく、
職場で嫌な人がいる、会社をやめたい、はたまた娘さんがマリッジブルーになっちゃった、なんて話も。
職場の人間関係については、みんなでアドバイスします。
「相手にしないほうがいいよ」「泣かせちゃえば」「異動願いだせば」「とりあえず明日休む」なんて意見すら出たり(笑)

楽しい話ももちろんあります。
娘さんが住んでいるバリ島に遊びに行くこと。
カラオケに行って友達とランチしてきたこと。
温泉に行ってきたこと。
大きなイベントを企画して成功させたこと。

みんな、仕事だったり家庭のことだったり、がんばってます。
でも、大人になったら、わざわざ人に「私こんなことやったよ」とか「ここに行くんだ」
とか言わなくなっちゃいますよね。

逆に、つらいことがあっても我慢したり。
それこそつらいことのほうが、わざわざ人に言わないんじゃないかなあ。

案外、家族や友だちじゃないほうが言いやすいってことないですか。

そんな場所をつくってきました。

体が固まっていると、話せなくなっちゃう

言いたいことを言えるようになるのって、実は体がゆるんでいるからです。
体がかたまっていると、話ができません。
というか、本音が言えません。

たとえば、いま、肩が上がっちゃってる人、
猫背になってる人、からだがかたいです。
姿勢がよくないと、どうしても力みがでます。

一回、息を吐いて、肩を下げる。奥歯を噛んでいることに気づく。
気づいたってだけで、抜ける感じありませんか??

ヨガには、そんな効果があるなあって、最近すごく思います。
少しゆるんできたところで、また話を聞く。
少しだけ話せるようになってる。

レッスンで黙々とヨガしてるだけじゃあ、本当のリラックスにはならないし、
からだを緩めることにもならない。

心をゆるめるために、ヨガをする。
号令かけて一斉に動くだけのヨガはしません。

まずは、一回息をふーっとはいて、声をだしてはいてみてください。
さっきとは、違いませんか?
ゆるっとしてきていませんか?

それがゆるんだ、力が抜けたってことですよ!

  ★体験レッスン受付中です。

楽しく、きもちよく、体を変えていきましょう!


ヨガ体験レッスンのご案内

開催地:埼玉県朝霞市
●土曜日 コース 15時~
・7/6 ・7/20(13時30分) ・7/27 ・8/10(13時30分)
・8/17 ・8/31 ・9/7 ・9/29 
●日曜日 コース 15時~
・7/7 ・7/21 ・8/18 ・8/25 ・9/8 ・9/28 

お申込み・お問い合わせはこちらまで

 

関連記事

  1. ビニール傘の最期ってどうなるの?

  2. 「見えないけど、いる」

  3. 3行日記で読み取る「わたしサイクル」

  4. ヨガでは「頑張らなくてもいい」

  5. 便秘の人にありがちな思想「トイレの後回し=自分の後回し」

  6. ちょっとだけ「日常から”逃げる”」

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。