子宮内膜症の「肛門痛」に悩んでいるあなたへ

お尻の奥が痛い…

痔じゃないですよ。
痔とはあきらかに違う痛みです。
お尻の奥のほうが、ズンとする激しい痛み。
ズキズキしたケガの痛みではなく、内部を貫くような痛みです。

これ、子宮内膜症の症状なんです。

もうね、本当に痛くて痛くて、うずくまります。

昨日一昨日と2日間、この肛門痛が久しぶりに出現。
ほんとうに、苦しくて伏せっておりました。

ついでに、右下腹部の鈍痛もセットで現れて。
私の場合、肛門痛と右下腹部の痛みが同時にやってきます。

子宮内膜症は25歳のときに発症して、もう20年近くたっており、
いまのところ病院では、治った、ということになっています。

エコーでみても特に病巣はないので、
何かあるとしても、軽いものなんだろうとは思います。

でも、お尻の奥のところに何かがあるのは確か。
じゃないと、こんだけ痛くはならないでしょう。

右下腹部は、ちょうど卵巣のあるあたりですが、
卵巣も腫れているとかいう症状もないし、生理痛もとくにないので、
病院ではこの痛みは
「過去の手術のときの癒着だろう」との診断です。

でも、でも…

痛いんだよ~~

肛門なので、排便のときが地獄のよう。
でも、出さないわけにいかないので、
おそるおそる息を吐きながら、そおーっとゆっくり排便。

排便後は痛すぎて、しばらくトイレから出れませんでした。
汗かいてた。

原因は子宮内膜症なんですが、この痛み、前はもっと頻繁にありました。
2週間に一回とかそのくらいで。

ハッキリいって、日常生活に支障をきたしてました。
でも、ここ数年は半年に1回か、うまくいけば1年に1度くらいまで減ってました。

ヨガやセルフケアで、体を温めて、血流もよくしていたから。

痛みって、やっぱり体が冷えてるときに出ますよ。
これは確か。

冬に限らず、夏だってミニスカートや裸足でいると冷えるし、
ストレスたまってても、体って冷える。
寝不足だったり、疲れてたりしても冷える。

ヨガやって、体温が平熱36.8度まで上がったから
(過去は35.5度)
痛みがなくなってきたんです。

とはいえですね。。

昨日は痛みがひどくて、ヨガするところまで行けなかったので、
寝ながらできる対策をしてました。

それは、ひたすら温めること!

いつも目の疲れ対策に使っている「あずきのチカラ」

これをお尻にあててました。

何?目に当てるもの、顔にあてるものをお尻に…?

いいのいいの。自分のお尻ですから。

それに、痛すぎて、顔がお尻がって言ってらんない。

あずきのチカラをあてていたら、かなりラクになりました。

肛門痛があるあなた、あずきのチカラを常備しておくといいですよ!
生理痛のときは、下腹部にあてられるし、
首コリのときは、首の後ろにあてられる。

今夜もお尻にあてて寝ます。

婦人病でお悩みの方、ヨガで一緒に体質改善しませんか?
体験レッスンはこちらから!

関連記事

  1. 生理時の肛門痛。どうやって防ぐ?

  2. 基礎体温計って進化してる!

  3. ヨガで子宮・卵巣の手術でできた「肛門痛」を和らげる

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。